せんせいになろう

ホーム > せんせいになろう

“子どもと遊べるせんせい”になろう!!
「“紙おもちゃづくり” せんせい養成講座」を開催しました。※本年度のイベントは終了しました。

子どもたちと紙おもちゃをつくって遊んでみませんか。
紙おもちゃづくりを教えてみたい人を対象に、どのように紙おもちゃづくりを子ども達に教えたらいいか、教え方の講習会を実施します。
対象:生涯学習施設職員,保育園・幼稚園・小学校の教員並びに教員を目指す大学生・高校生 等

開催日 会場
8月1日(日)
※終了いたしました。
沖縄会場
(沖縄女子短期大学)
岐阜会場
(岐阜女子大学文化情報センター)
9月23日(木・祝日) 北海道会場
(北海道立常呂少年自然の家)
10月9日(土) 岐阜女子大学会場
※当日はさぎ草祭も開催中(岐阜女子大学)

開催時間はいずれの会場も、(受付 13時00分~)13時30分~15時30分

各会場の様子

8月1日(日) 沖縄会場(沖縄女子短期大学) 岐阜会場(岐阜女子大学文化情報センター)

沖縄会場の皆様には、岐阜会場からのテレビ会議中継で参加していただきました。岐阜会場には55名、沖縄会場には85名の幼稚園や保育園、小学校の先生方、大学生のみなさんにご参加いただきました。
折り紙でつくる「コマ」と紙皿でつくる「コマ」の両方をつくっていただきました。他には「カラカラ」「ヒヨコ」「うさぎ」「インコ」をつくりました。特に1枚の紙皿が「インコ」に代わってしまうのにはみなさんびっくりされ、先生がお手本をみせられた時、会場からどよめきがおきていました。紙コップや紙皿の形状をうまく利用して、素敵なものを創ることができることに驚きました。

9月23日(木・祝日)北海道会場(北海道立常呂少年自然の家)

15名の幼稚園や保育園、小学校の先生方にご参加いただきました。
「パタパタ」「コマ」「カラカラ」「紙コップ人形」「ひよこ」「でんぐりガエル」「渦巻き」を作成しました。「紙コップ人形」では,基本的な作り方は同じでも,様々な動物たちが作れることに驚き、紙コップや紙皿から発想力一つで,様々なものを創り出すことができることを学びました。

10月9日(土) 岐阜女子大学会場

あいにくの雨となり、お足もとの悪い中、46名の幼稚園や保育園、小学校の先生方、大学生のみなさんにご参加いただきました。 「ウマ」「コマ」「かぶとがに」、季節を少し先取りして「サンタクロース」「ひこうき」「サル」を作っていただきました。 「サンタクロース」はこれからの季節使っていただけるのではないかとの水野先生のご厚意で急遽追加してカリキュラムに入れさせていただきました。

お申込み・問合せ先

特定非営利活動法人 日本デジタルアーカイブ協会 「おもしろ紙おもちゃ教室」係
〒500-8813 岐阜市明徳町10番地杉山ビル4階
TEL 058-267-5237/FAX 058-267-5238
E-mail nak@gijodai.ac.jp